スターガーネット 魅力

スターガーネット深紅の魅力!なぜここまで美しい?【ルチルも影響?】

古来より人々を魅了する深紅の色

ガーネットの名前は、形が柘榴の果実の中の粒々に似ていることから、ラテン語で「種子のような」を表わす「グラーヌス(qranatus)」から由来しています。

 

日本では柘榴石と呼ばれ、地域が違っても同じ柘榴と呼ばれるのは、この石が美しい深紅の色をしているからでしょう。

 

そして、スターガーネットはその名の通り、深紅の石の真ん中に星のような白い光の帯が浮かぶガーネットです。

 

この星のような光のことを「スター効果(星彩効果)」といい、光の屈折によって現れる効果の1つです。

 

スター効果はどの石にも生じるものではなく、石に2〜3方向に並列したルチルが内包したものに限られます。

 

ルチルとは、二酸化チタン鉱物の1つです。

 

このルチルの針状結晶が4条または6条の白い筋となり星のように現れるのです。

 

スターガーネットの場合、2方向のルチルが交差して4条の十字型のスター効果が現れます。

 

しかし、ルチルの内包だけではスター効果は現れません。

 

石をカボション・カットにすることが必要です。

 

この半球形の表面がレンズとなり、石に入った光がルチルに反射し焦点を結ぶことにより、光の筋が発生します。

 

スター効果を示す宝石は「スター石」と呼ばれ、その石の持つ特性をさらに高める効果があるといわれています。

 

 

赤い色だけではないスターガーネット

 

ガーネットは赤以外にも他にもカラーバリエーションがあります。

 

色の違いは、その含まれる成分の違いによるものです。

 

ガーネットとは単一の鉱物ではなく、実は似たような構造の14種類の鉱物の総称するグループ名です。

 

 

ガーネットの石言葉

 

ガーネットの石言葉は、真実、友愛、節操、変化、生命力そして愛情です。

1ヵ月無条件返品OKの品質に自信をもつ専門店
フォレストブルー
  • 鑑別書あり(無しの製品も取り寄せ可)
  • 天然石一点ものを豊富に展示
  • 付属品:アクセサリーケース
  • サイズカスタマイズ対応